<< 5月の活動報告 | main | 7月の活動報告 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
6月の活動報告
6月の活動報告
6月は、上田塾の大部分の先生が参加される日本顎咬合学会が東京で行われました。
今年の上田塾からは、以下の先生方が発表されました。
 
 上田秀朗先生、
「時間短縮!SINUSJO5を用いたソケットリフト」
白石和仁先生
「インプラント時代における残存天然歯の保存処置とインプラント治療」
というタイトルにて テーブルクリニックを行われました。

以下は口演タイトルと発表者です





1,題 「インプラントの修得を目指して」

                                                    椋 秀雄 
  2、演題 「顎顔面骨格レベルから不調和を持つと推測され
                                        再構成を試みた一症例」
                                                    椋 誠二 
  3、演題 「審美修復への取り組み」(リレー講演)
     副題 1、審美修復治療においての審査事項     
                                                    鈴木 宏樹
          2、補綴前処置としての歯周治療       
                                                  瀬戸 泰介
          3、支台築造の考慮と支台歯形成       
                                                   西田 健一郎    
          4、プロビジョナルレストレーションと印象採得
                                                   原口 尚大
          5、口腔内へ調和する補綴物作製を目指して  
                                                   本田 覚
          6、最終補綴:長期安定を目指して      
                                                   加茂 誠


 
 4、演題 「インプラント治療を考える」(リレー講演) 
   副題 1、コーンビームCTを活用した術前診断について 
                                  白土 徹
       2、上顎臼歯部における骨量不足への対応   
                                  大塚 浩司
        3、骨形態を考慮した埋入方法        
                                  石本 圭            
        4、前歯部インプラントにおける解剖学的リスクファクターに 
                                         ついて   
                                  森 裕之 
        5、埋入中、埋入後のトラブルについて    
                                  中尾 伸宏
        6、インプラント埋入その前に        
                                  山田 潤一


| comments(0) | trackbacks(0) | by 上田塾
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック